医療用ウィッグを選ぶ際は素材にも注目しよう

医療用ウィッグを選ぶ際は素材にも注目しよう

放射線治療などの副作用で髪の毛が抜けてしまったことが気になっている方が多くいると思われます。周りの目が気になるのであれば、医療用ウィッグを使用するべきです。昔とは明らかに品質が高くなっていて、ウィッグだと分からない仕上がりになっているので安心して使用することができます。 医療用ウィッグも選択肢が増えてきているので、よく比較してから決めることが重要です。特に重視したいのは素材になります。長く使用で着るように丈夫な素材で作られているものがベストです。人に会うときは基本的に着用することになるので、すぐに壊れるものを購入してしまうと、早いうちに買い替えることになります。価格が安いものは素材がイマイチであることが多いので、多少価格が高くなったとしても良い素材で作られているものを選ぶようにしてください。また、素材は見た目にも影響してきます。品質が良くないと、明らかにウィッグだと分かる見た目になってしまうので注意が必要です。

医療用ウィッグの見た目はナチュラルなのか

医療用ウィッグの使用を考えた際に、気になるのが「見た目が自然かどうか?」ということでしょう。不自然な仕上がりで明らかにウィッグをつけていると思われたくはありません。最近の医療用ウィッグは、つむじや髪の分け目が本物と同様にみえるような工夫がされています。一本一本の毛の流れが自然に見えるように計算されて植毛されていたり、使われているものも人口的なものではなくて「人毛」だったりします。人口毛を使用したものは価格はお値打ちでありますが、化学繊維が含まれているので光の当たり具合によっては、不自然にキラキラしてしまいます。一方で人毛は、人の毛を使用しているので髪本来のキューティクルが残っているので光に当たっても、乱反射してテカリを感じることはありません。より、自然体にするためには、美容院でウィッグをかぶったままでヘアカットしてもらうことがお勧めです。カットすることで顔全体にフィットするので本物のように見えることでしょう。