医療用ウィッグの装着がバレないためには治療前の髪型と変わらないものを選ぶのが大事

医療用ウィッグの装着がバレないためには治療前の髪型と変わらないものを選ぶのが大事

がんや白血病などを治療するために抗がん剤を使用したところ、副反応により頭髪が抜け落ちてしまうことがあります。患者さんの中にはプライバシーの観点や個人的な思いから、闘病していることを公表しないケースも少なくありません。そのため、医療用ウィッグを使用してもそれをバレたくないという方も多い傾向にあります。そこで医療用ウィッグを装着する場合には、治療前の髪型と変わらないものを選ぶのが大事です。人間は変化があると気になってしまい、最初はほんのわずかの要素だったとしてもだんだんそれが大きくなることがあります。ここで以前とは違う髪型の医療用ウィッグを装着していればそれが気になり、最終的にはバレてしまうことがあります。一方、治療前の髪型と変わらない医療用ウィッグなら一切気になることはなく、それまでと同様の関係性を継続することも不可能ではありません。医療用ウィッグの技術は年々発達しており、まるで自分自身の髪の毛のようなナチュラルな仕上がりが期待できます。

医療用ウィッグはどんどん素敵なカラーが登場しています

昔は医療用ウィッグと聞くと、黒一色しかなくてすごく地味な印象の方が強いかもしれませんが、最近は医療用ウィッグを使用していてもしっかりとオシャレを楽しみたいと思っている人が多いため、カラーバリエーションが豊富になってきていて様々な色の中から好きなようにチョイスできる環境が整ってきました。 また、医療用ウィッグと直ぐに見破られてしまうような人工的なカラーではなく、すごく自然でナチュラルな仕上がりになっている色が充実しているところも魅力になります。 最近は外国人専用に作られた金髪や赤髪なども続々と出回ってきているくらいなので、多様性の時代にあった需要の高いウィッグを購入できるようになったことは非常に喜ばしいことです。 ただ、あまりにも冒険的な色を選んでしまうと肌との馴染みが薄くて変に見えてしまうことがあるので、買う前に自分に合っているのかちゃんと調べ、できるだけ試着して馴染みが良いか確認しておいた方が良いでしょう。